1. HOME
  2. ブログ
  3. 不安でいっぱいのあなたへ。ようこそ“ガラスの靴”へ

不安でいっぱいのあなたへ。ようこそ“ガラスの靴”へ

ベッドの上にある本

この記事を読んでいるあなたはきっとシェアハウスを探している、そうですよね
私がこのお家に住み始めたのは今年(2018)の6月半ばのこと。
その前はお家探しについてわからないこと、不安なことたくさんありました。

「家賃ってどれくらいがいいのかな、安いのはお財布が嬉しいけど怖さもある…。」
「一人で暮らすのって家に帰ってもどこか安心できない気がするけど、シェアハウスってどんな人が住んでいるの…?」
「東京ってなんとなく怖い…治安とか大丈夫かな、どの地域がいいんだろう」
「何線に近いといいのかな…?」

心配性の私は沢山たくさん調べました。
でもぼやっとした情報しか出てこなくて、それらは私を安心させてはくれませんでした。むしろ不安が強くなっていく…。
普段は自分でなんでも出来るような気になっていても、家族と離れてしまえば、いざという時自分の身を守れるのは自分だけ。
そりゃ慎重にもなるさ。

初めまして。

こんにちは、かわうそです。

「なぜ かわうそ?」って思いました?笑
友達に、動物に例えるとかわうそに似ているよねと言われた、という単純な理由です。これは喜んでいいものなのかどうか…笑
更新していきながら、もしかしたら知らない間に名前が変わっているかもしれませんがその時は察してくださいね 笑

ここでは、あなたと話をしているような感覚で記事を更新していきたいなと思っています。
一足お先に上京した私に相談をしているような、そんな気持ちで読んでもらえると嬉しいです。
自分が悩んでいる時、同じ目線で話ができる人がいるってなんとなく安心しますよね。

今あなたが覗いてくれた “ガラスの靴” には現在三つのシェアハウス物件があります。
実際にそのうちの一つに住んでいる私が、実際に住んでみて感じていることやシェアハウスの住人のこと、自分自身のこと等、発信していくことによって、少しでもあなたの不安をワクワクに変えられたらいいなと思っています。

そのためにはまず住人1人目。私の自己紹介が必要ですよね。

住人一人目、まずは私から

23歳。女性。北関東からやってきました。
一人暮らしをするのは、実は2回目。以前は、友達が留学に行っている1年間だけ、そのお家でプチ一人暮らしをしていました。でも友達が住んでいた家だから今回のような不安は何もありませんでした。
職業はMC。例えばイベントや結婚式の司会、ラジオパーソナリティーなど喋ることを仕事にしています。
現在はフリーランスです。
この仕事を始めた理由をよく聞かれるのですが、それはまた改めて書こうかな。

ちょっと具体的に、過去のことやスキルで私を表してみると、

海外移住経験(インドネシア3年) / 英語(少々) / スペイン語インドネシア語(簡単なことのみ) / 中高英語教員免許 / モデル(サロン・ポートレート) / 手先の細かい作業(ハンドメイド系、DIY) / ギターピアノサックス水泳テニス空手山岳 / 歌 / JAZZ / チャイ作り / たこ焼き / 地元の農畜産物PR

と、こんな感じ。
そしてこれからはこんなことを勉強していきたいなと思っています

空間デザインwebデザインなど(自分の頭の中のイメージをお洒落に具現化する力) / イベント企画→実際に自分で作れるようになりたい / 動画編集 / 声で表現していくこと / フラワーアレンジメント / フリーランスのお金関係 / SNSの上手な使い方、何を価値として届けられるか…等々

ちょっと長くなりましたが、私のことは少し伝わったでしょうか?
会社勤めをしないという選択をしたことで、驚かれることもありますが、
あなたと似たようなことでハッピーになったり悩んだり、、結構普通な23歳女子です。笑
記事を読んでいくなかで、少しでも話がしたくなるような相手になれていたらいいなと思っています。

これからあなたがこのお家に来ることを楽しみに、記事を少しずつ更新していきます。
住人の方にインタビューしてみるのも面白そう…。
あなたが気になりそうなこと、ワクワクすること、いつもよりちょっと頭をひねって考えてみますね。

それではまた次回

関連記事