1. HOME
  2. ブログ
  3. ストレスはつきもの??シェアハウスでの生活

ストレスはつきもの??シェアハウスでの生活

ピンクの花びら

シェアハウスでストレスを溜めずに暮らしていくポイント

こんにちは、タピオカです。
シェアハウスを検討する上で、他人との共同生活をする上ではストレスや不満が生まれたりする可能性がありますよね。
今回はストレスを感じないために必要なポイントをあげたいと思います。

1.ルールを守る

・第三者は立ち入り禁止
・ドライヤー、洗濯機の使用時間
・決められた週のゴミ捨て当番する
・自分の持ち物を部屋外に置かない
・喫煙禁止

シェアハウスにもよりますがルールがたくさんある物件も少なくないです。
ルールが多く、堅苦しくかんじる方もいるかもしれません。
住民同士が楽しく過ごすためにもルールは不可欠です。
でも実際どんな人でも守れるようなルールであふれているので、苦にはならないと思います。

2.立つ鳥跡を濁さず

ルールや決まりがあるのは快適に暮らしていく一つの手段なので逃げられない現実です。
トラブルを避けるためにも使った炊飯器や共同の食器、スペースを使ったら綺麗にしたり、音が出るものは使用時間をまもる必要があります。
同居人との人間関係を円満に築いていくためにも気をつけていくポイントです。

3.今のわたしの暮らし

ガラスの靴のプロデュース物件に住み始めて、
今定められているルールに対して思っていること、感じていることなのですが、

第三者の立ち入り→もちろん、女性限定のシェアハウスなので男性は残念ながら入れません!
ですがお友達を泊められたり、他のシェアハウスではできないことができたり、今まで住んできたシェアハウスに比べてストレスはないかなと思います。
ゴミ当番→ゴミ当番はなく、自分で出したゴミは自分ですてるスタイルなので、捨て忘れがあったりした時は他の人に迷惑がかからないので安心です。共同スペースのお掃除は決められた日に掃除の方がきてしてくださってます。

快適な生活を送るためには、自分のことは自分でする。ルールの範囲内でしっかり守っていく。
大切なことだなぁと改めて感じました。
みなさんの快適な生活につながりますように。

関連記事