1. HOME
  2. ブログ
  3. うちの自慢のオーナーさん

うちの自慢のオーナーさん

花と手紙

シェアハウスにはもうだいぶ慣れてきたウサギです。

長い一人暮らし、それは寂しいものでした。しかしここへ来てから誰かが歩く音や、シャワーの音、いい意味での生活の雑音が耳に入ってきます。

それはまるで実家にいたときのような感覚。すぐ傍に誰かがいる、そう感じることで自分は一人ではないのだと実感します。

自慢のオーナーさん

シェアハウスには家の持ち主、オーナーさんが存在します。もちろんこのガラスの靴にも存在。

オーナーさん規則の厳しい人だと思うじゃないですか? 最初私もそう思っていたんですけど、うちのオーナーさんはとにかく優しい!

お土産を持ってきてくれたり、シェアハウスのみんなが少しでも住みやすいようにと日々協力してくれます。

ほんとうにみんなオーナーさんのことが大好き! みんなの前では言いにくいこともオーナーさんになら話すこともできます。

シェアハウスに実際住んではいないけど、このようなリーダー的存在。シェアハウのみんなにとっては親的な存在。一人暮らしにはない大きな存在だと思います。

オーナーさんからのプレゼント

私たちの生活を日々支えてくれるそんなオーナーさんからのガラスの靴へのみんなへのプレゼントを少しご紹介。

・鍋

私がここへきた際にみんなで囲った鍋。実はこれオーナーさんからの贈り物。みんなで鍋パをするなら大きな鍋が必要ですねのことでいただきました!

・季節ごとの飾り

今の季節、リビングに小さなツリーが飾ってあります。もちろんこれもオーナーさんから。この飾りは季節ごとに変えていくそう! インスタ映えにも考慮してくれます!

・体重計

住んでいるのは女子なのでみんな自分の体重が気になるもの。個人で買ってもいいとは思ったんですがこれもオーナーさんからいただきました!

みんな大好きシェアハウスの顔!

こんな素敵なオーナーさん、他にいるでしょうか? 他のシェアハウスにも住んだことある住民もここまで世話を焼いてくれるオーナーさんは見たことがないといいます。

オーナーさんというよりもはや家族?

本当にみんなオーナーさんには感謝しています。本当に大好き! いつもありがとうございます!

関連記事