1. HOME
  2. ブログ
  3. シェアハウスで、季節を感じる生活を

シェアハウスで、季節を感じる生活を

春夏秋冬

こんにちは、かわうそです!
まだまだ寒さは続き、東京でも雪が降ったりしています。
冬は乾燥もつきもので、体調を崩す方も多いですよね、、、。
今年のかわうそは、何よりも風邪をひかないことを大切に、いつもよりもこまめに水分補給をしています!

さて今回のテーマは「シェアハウスで、季節を感じる生活を」。
どんな時に皆さんは季節を感じますか?
毎日は変わらずすぎてゆき、意外とゆっくり着目してみないと改めて季節を感じることって少ないのではないかなと思っています。

リビングの飾り

私の住むシェアハウスには最近季節に合わせてお花のモニュメントが飾られるようになりました
例えばクリスマスであれば、赤がメインの、ツリーのような形をしたもの。
お正月には正月飾りのような大きなお花をあしらった、落ち着いたきらびやかさがあるもの。
リビングに置いてあるのですが、見るたびに季節を感じ、気が引き締まる気がします。
オーナーさんが毎月変えてくださっているのですが、一人暮らしでは
なかなか気を配れない部分であったり、気が向いた時だけで続かなかったりしてしまうので嬉しいです

クリスマス、みんなで個性溢れる飾り付け

クリスマスが近づいきてた頃に、
「クリスマスらしい飾りを買ってきたのでホワイトボードのところにかけてみました〜」と靴下やキャンディの飾りをつけてくれたり、
クリスマスらしいチョコのお菓子の箱をリビングのお花の横に飾ってくれたり!
私も趣味のドライフラワーをクリスマスらしく階段通路に吊るしてみたり…!
クリスマスになると町はきらびやかになりますが、
お家の中でも、私達らしくクリスマスを楽しめたのではないかなと思います!

美味しさから感じる季節

食も季節を感じるものですよね!今まで鍋会やおでん会など開催してきました。
新しい入居者さんの歓迎として行うこともありますが、おでんの時は、
リビングでの「おでんの季節だね〜おでん食べたいね〜」という会話から始まりました。
一緒に買い物に行って食材を選ぶのも楽しいですし、自分が普段は使わないものと出会えて発見も多いです

外に出てみて見えるもの

作年末、シェアメイトの子に誘われて、写真を撮りに散歩に行ってきました!
ちょっと歩いて公園に行ってみたり、商店街に行ってみたり。
同じ街や道でも誰かと歩いてみると、自分と違うところを見ていることがわかって、
2倍街を楽しめたような気持ちになります!
紅葉しているものや枯葉があったり、冬の寒さに負けず凛と咲いている花があったり、空気が澄んでいたり。
商店街の八百屋さん店頭に並んでいるものも含めて、「あぁ冬だなぁ」と改めて感じました

忙しく、気づかない間に繰り返しになってしまう毎日の中で、ふと時間で季節を感じること。
意識しないとなかなか難しいですが、心の豊かさやゆとりにつながるような気がします

関連記事