1. HOME
  2. ブログ
  3. 金銭面だけじゃない!シェアハウスが「多拠点生活」に向いている理由

金銭面だけじゃない!シェアハウスが「多拠点生活」に向いている理由

飛行機の羽

こんにちは!ケロです。

私はシェアハウスに住むことで、家賃・水道光熱費・Wi-Fi料金といった、生活する上で必要なお金を、一般的なひとり暮らしよりも安く抑えることができています。

すると、気軽にできるようになるのが…

多拠点生活!

私の場合もともと、都内にある実家に、毎月2日〜1週間くらい帰っています。
さらに今月は出張で、1週間ほど離島に行く予定が…。

実質3月は、半分しかシェアハウスに滞在しない計算です。

決して収入が多いとはいえない私がこんな生活をできるのは、やっぱり普段住んでいる「シェアハウス」で、コスパのいい暮らしができているから。

でもシェアハウスが「多拠点生活」に向いている理由は、金銭面だけじゃありません。
今回は実際に住んでいるからこそわかる、その他の理由も解説していきたいと思います!

冷蔵庫の中身を空にしやすい

旅行前などに困るのが、冷蔵庫の中身の整理。1週間以上家を空けるとなると、腐ってしまいそうな食材は、食べるか処分するかしないといけません。

万が一出発日までに自分で食べきれなかった場合、シェアハウスでは「おすそ分け」ができるから便利!食材を無駄にすることなく、スッキリした気持ちで家を出ることができます。

不在時も共用部分は清掃してもらえる

長く家を空ける際は、お風呂場などの換気も気になりますよね。シェアハウスでは週に1回、清掃業者さんが共用部分のお掃除してくれるので、湿気の多い季節も安心して出かけられます。

空き巣のリスクも低い

また、滅多にあることではないですが、空き巣の心配もありません。個室は自分で鍵をかける必要がありますが、私の住んでいるシェアハウスの玄関はオートロック。うっかり鍵をかけ忘れたまま旅行に…なんてことは起こりません。そもそも住人さん全員が何時間も家にいないという日はないため、侵入するにしてはハードルが高すぎるでしょう。

多拠点生活を考えているなら、シェアハウスを活用してみては?

実際に住人のみなさんも、よく旅行に出たり、帰省したり、二拠点生活をしていたりします。毎月一定期間以上滞在するのであれば、東京の拠点としてシェアハウスを利用するのもおすすめ!

関連記事