1. HOME
  2. ブログ
  3. 旅の思い出も「シェア」できるシェアハウス生活

旅の思い出も「シェア」できるシェアハウス生活

マトリョーシカ

こんにちは!ケロです。もちろん強制ではないのですが、シェアハウスのメンバーはよく、
旅行や帰省のお土産を買ってきてくれます。しかもみんな、超センスがいいんです!「〇〇のお土産をリビングに置いたので、みなさん食べてください!」とLINEグループにメッセージがくると、毎回テンションが上がってしまいます…。

旅の思い出をシェアできる!

私はシェアハウス生活9ヶ月目ですが、今まで温泉地や離島、海外など、国内外いろんな旅先のお土産を住人さんたちにいただきました。普段行かないような場所の食べ物を口にすると、自分もちょっと旅をした気分が味わえて、楽しいですよね。

また、個人的には、旅先で「お土産を選んでいる時間」も好きです。「これを買っていったらシェアハウスの人たち喜ぶかな〜?」「女子だから、かわいいパッケージだとウケそう!」と、みんなの顔を思い浮かべながら、何を選ぼうか悩む乗って、ワクワクします。

みんなの地元が好きになる!

引っ越してきたときや帰省したタイミングで、地元のお土産を買ってきてくれる人もいます。みんなの地元を知ることができるので、これまた楽しいんですよ。

つい先日は、ある住人さんのお土産で「餃子パーティー」をしました。地元の子が選んだお土産なので、もちろん美味しいに決まっています! 食べ物を通してみんなの地元が身近に感じられると、なんだか愛着まで湧いてきますよ。いつか自分の足でも、それぞれの地域に行ってみたいなあ。もちろん、リビングで餃子を囲んで集まること自体も、とっても楽しかったです!

また、自分の地元について、お土産を通して知ってもらえるのも嬉しいものです。私の地元は遠いので、実際に行ったことがある人は少ない場所なのですが、何が名産なのか、地元の食材はどんな味なのか、シェアハウスの人たちにお土産でPRしています(笑)

今後も住人さんたちと、どんな旅の思い出を「シェア」できるか楽しみです!

関連記事