1. HOME
  2. ブログ
  3. 疲れて帰ってきた時こそ、誰かに笑顔をもらえる環境で

疲れて帰ってきた時こそ、誰かに笑顔をもらえる環境で

リフレッシュ

こんにちは、かわうそです
スッキリした天気と風が気持ちいい季節になってきましたね!
5月!私が一番好きな季節です!!

母の日も近かったですが、こうして離れてみると、お母さんの日々の頑張りと偉大さがよくわかります
家族のありがたみを感じつつ、そろそろ寂しさを覚え始めている時期ではないでしょうか

疲れて帰ってきて、「ただいま〜」と独り言。よく一人暮らしの寂しさの象徴としてこういった話を聞きますよね。
今日は、仕事や学校で疲れて帰ってきても、それが吹き飛んでしまうようなシェアハウスのエピソードを紹介したいと思います!

幸せのおすそ分け

我が家のシェアハウスにはリビングがあります。このリビングに集まってくるのが、おすそ分け!!
一番多いのはお菓子のおすそ分けですが、先日はちょっと変わったおすそ分けがありました!
それは、大きなおおきなトマトのおすそ分け!!
もらったシェアハウスの子がトマトに丸ごとかぶりついている動画がライングループに流れてきて、
みんなの和気藹々としてる雰囲気にすごく元気をもらえました!!
その他にも、しばらく旅行に出るので、冷蔵庫にある食べれそうなものおすそ分けします!など、なかなか面白いシェア文化です 笑

テレビを見ながらわいわい

しゃべることによってストレス発散!という方も多いですよね
私もその一人かも。
以前一人暮らしをしていた時は、何をしていてもシーンとしている部屋に居続けることが、結構自分にとってはストレスなのかもしれないなと気づきました!面白いことがあっても、悲しいことがあってもシェアできると心が軽くなるものですね
シェアハウスにいると、各個人の部屋にもテレビはありますが、リビングでテレビをみることがほとんどです
たとえ疲れていても、リビングに来てテレビを見ながら、みんなとあーだこーだ盛り上がれるのは嬉しいなあと思っています

その子が見える、メッセージ

シェアハウスのリビングにはホワイトボードがあります!
たとえ遅い時間に帰ってきて、リビングで一人ゆっくりしていても、
みんなのあたたかいメッセージがホワイトボードに残っているとなんだかほっこりしちゃいます

どうでしょうか?生活の中で大きな部分を占める家の環境、気持ちの面でもたくさん支えてくれています

関連記事