1. HOME
  2. ブログ
  3. 私がここに決めた理由とシェアハウスに来る前の話

私がここに決めた理由とシェアハウスに来る前の話

闇に輝く月

なんだかんだ8月後半、夏の終わりが見えてきましたね。みなさんは夏らしいことを何かしましたか?

ウサギは恋人との夏祭りに海水浴、今年こそナイトプールに行…きたかったです…….。(まだ夏は終わったわけではない)

夏前に、あれこれやることを考えるも今年もクーラーの効いた部屋で過ごして終わってしまいそうです(笑)

そして、夏が過ぎたら秋がやってきますね。秋といえば去年ここへ来たことを思い出します。このシェアハウスに来る前は不安がいっぱいだったけれど今はここを選んで正解だったと思っています。

シェアハウスという環境に自分は慣れることができるか不安で、共同生活を決めかねているみなさんに伝えたい! 私がここに住もうと思ったきっかけやここへ来る前の昔話を少し今回はしたいと思います。

とにかく憂鬱な日々

ここへ来る前は仕事柄、人と接することがなかったために1~3日誰とも会話しないことは珍しいことではありませんでした。

誰とも接しない日が続くとどうなるかわかりますか? どんなに精神が強い人でも精神的におかしくなるのは間違いありません。

そもそも、精神的に強くない私。ここへ来る前は毎日が寂しくて憂鬱な毎日でした。ふとした瞬間に涙を流すこともありました。ここだけの話、当時の私は鬱気味でした。

「人は共存しなければ生きていけない」誰かが言ったこの言葉をしみじみと感じたのを覚えてます。

友人からの誘い

そんな一人暮らしが数年続き、そろそろ前の部屋の更新日が近づいたときのこと。私の友人がシェアハウスに引っ越しました。

まだそのシェアハウスはできたてで、人も少なく「よかったらどうです?」と誘われたのが今では“神の救い”だと思っています(笑)

最初は「シェアハウスとか人間関係疲れそう」と前向きではありませんでしたが、若干鬱気味になっていた私。病気を治すには環境を一転させることが大事だと思い思い切って引っ越しをきめました。

心機一転断捨離

引っ越しの日、荷物はほぼゼロ。キャリー一つでやってきました。

シェアハウスには必要最低限の家具に雑貨がそろっているのがいい点です。

前の家の荷物はほとんどすべて捨てました。過去の思い出に縋ることがないように、心機一転断捨離をし、ここへやってきました。

そして今

シェアハウスのみんなとは仲良くやっています。ストレスなく楽しい日々を過ごしています。今を思うと昔の生活には絶対に戻りたくないです。

今の自分がいるのはシェアハウスの仲間と、もちろんそれ以外にも恋人や友達のおかげ。過去の自分は大嫌いだけど、そんなみんなのおかげで今の自分は少し好き。

 

 

 

ほんとうに素敵な家を、環境をありがとう。私の周りにいてくれる人、みんなに感謝です。

 

関連記事